宮崎フジキ:日本食エチケットのすべて

n個あります日本は世界で最高の料理の一つを持っていることを否定oを。寿司、天ぷら、うどんがありますが、ラーメンを忘れる人はいますか?そして、日本食レストランや屋台を訪れると、その場所だけで、国が守ろうとしている豊かな文化と伝統を感じることができます。

さらに、日本の食文化をユニークにしているのは、食事のエチケットです。ビジネスランチであろうと地元の人から招待されたものであろうと、食事をする前に一連のルールを守る必要があります。日本のテーブルマナーに関するこのビギナーズガイドを見て、始めましょう。表す

食べる前に感謝の気持ちを

日本では、食事をする前に食べ物に敬意を払うのが通例です。食べ終わったら、両手を合わせて「いただきます」と「ごちそう様」と言わなければなりません。最初のフレーズは、テーブルに一緒にいるすべての人に感謝していることを意味し、2番目のフレーズは、食材に感謝していることを意味します。

手を拭くときは濡れたタオルを使う

日本食レストランで食事をするとき、給仕は入るときに濡れたタオルを手渡します。レストランによっては、ペーパータオルや布タオルをお渡しする場合があります。彼らがあなたに与えるかもしれないものは何でも、それらのすべては1つの目的を果たします:あなたの手を拭くことです。 

これは、テーブルを拭くためにそれを使用することを控えるべきであることを意味します。シャツの汚れや唇のソースを拭くために使用しないでください。タオルを使い終わったら、きちんと折りたたんで脇に置きます。 

箸を使うときは注意してください

箸は日本人の主な道具と考えられています。テーブルにいる人の気分を害することを避けるために、箸の使用にはいくつかの規則があることに注意してください。たとえば、箸は国の軽蔑や侮辱の兆候であるため、決して一緒にこすらないでください。箸が安いと思うので、破片を取り除こうとしているということです。 

また、会話をするときは箸で指さないでください。これは無礼な行為と見なされるため、一般的に嫌われています。

気軽に

丸呑みする他の国では、麺やスープを大声で丸呑みすると、他の人から汚い顔をしてしまいます。しかし、日本でこれを行うと、それはあなたが食事を楽しんでいて、彼が準備したものに対してシェフを褒めていることを意味します。 

さらに、丸呑みは麺の風味を高め、素早く食事をとることができます。ラーメン、そば、うどんなどの日本の麺は、弾力のある食感を味わうために出されたらすぐに食べることを意図しているためです。 

日本の食事のエチケットに関するこの新たに発見された知識を試す準備はできていますか?宮崎藤木に来て、街で最高の日本料理を味わってください!